銀 の 滴 降る 降る まわり に。 日本(ヤマト)とアイヌの物語におけるフクロウ―人間と動物の関係の再生成|日本語教育基金 NF

NHK教育テレビ『にほんごであそぼ』で、♪銀の滴降る降る~♪と...

まわり 滴 降る に 降る の 銀

💕 知里幸恵さんの19年間の短くも濃厚な人生について、彼女にまつわる貴重な資料やわかりやすい掲示物を見ながら知ることができた。

18

文化座×沖縄

まわり 滴 降る に 降る の 銀

🤔 私も、全生涯をあげて、祖先が残してくれ たこのユーカラの研究に身を捧げます」というのです。 岩波書店 岩波文庫 , 1978• 言語学者でアイヌの言語を研究していた金田一京助です。

15

アイヌ神謡集・知里幸惠・『銀の滴降る降るまわりに』

まわり 滴 降る に 降る の 銀

⌛ 日本昔話だったら聞き過ごせる内容だが,ことはアイヌである。 Chinukat chiki chikor wenpuri unkosankosan. シマフクロウの神様はどうしていましたか? お金持ちの子供の金の小矢を受け取りませんでした。

知里幸惠編訳 アイヌ神謡集

まわり 滴 降る に 降る の 銀

😚 即ちこの話は,「金銀玉石」が人のステータス及び一般交換価値形態になる。

14

アイヌ神謡集・知里幸惠・『銀の滴降る降るまわりに』

まわり 滴 降る に 降る の 銀

🤲 私たちは今まで、アイヌのこととさえいったら、なにもかも、恥 ずかしいことのようにばっかり思っていました。 Irukai neko tan ponchise pirkaikor kamuiikor chieshikte. 過去の作品と共に掘り起こしてみたいと思う。 Siran ciki cisekon nispa cirikipuni ki caranke kakkok haw ne ouse turse. 『』(、一九二三) 上は、「梟の神の自ら歌った謡「銀の滴(しずく)降る降るまわりに」」という神謡の冒頭部分。

13

「銀の滴降る降るまわりに」考察・1

まわり 滴 降る に 降る の 銀

🎇 ただいま目が覚めました。 「ところが僕の心の中に沖縄に対して、戦前内地の人間があんな具合にやっておいて、戦後またああいう状態になっていると云うのがなんともかんとも申し訳なくて、又、我々も満州に行く前は、沖縄と蒙古を志願してるんですよ。